あなたも電話の受け手に!

電話の受け手養成講座を行っています

さいたまチャイルドラインでは、電話の受け手養成講座を実施しています。
チャイルドラインでは、電話に出て子どもの話を受け止めるボランティアを「受け手」と呼んでいます。
子どもの気持ちを受け止める人という意味です。

受け手養成講座について

子どもがチャイルドラインに電話をかけた時に、一回でつながる確率はおよそ30%です。2~3回かけてくれて70%の電話が着信する現状です。
チャイルドラインは子どもの電話を受けきれない電話なのです。
自分の気持ちをわかってほしい
今日、こんないいことがあったのに話す相手がいない
嫌なことがあって、つらい気持ちでいるんだ…
子どものSOSを受け止める仲間になってください。

現在募集中の講座

■受講資格
18歳以上
■講座参加費
20,000円(全コース+フォローアップ研修・インターン研修、資料代含む)
(受講者の都合により途中から参加を取りやめる場合、原則として返金はできません)
■締め切り
なるべく講座開始前にお申し込みください。募集要項を送付いたします。
また、講座開始前に受講料の納付をお願いいたします。

●受け手になるには、全講座を受講することが条件です。やむを得ない事情で欠席されるときは、スタッフに相談してください。

●電話の受け手はボランティアです。

●受け手にはならないけれど、子どもたちのことを知りたい、子どもの環境を考えたいという方も歓迎します。一緒に学びましょう。

●会場は朝霞市(北朝霞駅・朝霞台駅近辺)を予定しています。

●チャイルドラインは、電話という特殊なツールを使用しての活動です。
電話での対応に向かない場合は、お断りする場合があります。ご了承ください。

●受け手として現場に入る前にインターンを体験していただきながら、フォローアップ研修を受けていただきます。

問い合わせは事務局へ
048-486-7171
(TEL&FAX 同番号)

恐れ入りますが事務局が留守の場合は、留守電か同番号の FAX に連絡先(必ず)をお入れください。

子ども達はコミュニケーションを求めています・・・日本の子どもたちの現状は
● 子どもの貧困率15.7% 子ども6人に1人、およそ300万人
● 子どもの虐待死(心中を含め)およそ年間90人、4日に1人
● 10歳から19歳の自殺534人(平成26年)、毎日1.6人
お急ぎの方は・・・070-5564-3190 まで

さいたまチャイルドライン 第19期電話の受け手養成講座

講座は一日に2講座 時間1回目:10:00〜12:30 2回目: 13:30~16:00会場朝霞市内・さいたま市内を予定

  日程 時間 テーマ 講師
1 9月9日(日) 10:00〜 チャイルドラインとは
子どものSOSを受け止める
チャイルドライン
さいたまチャイルドライン
代表理事 太田久美
2 13:30〜 LGBTの子供が
安心できる環境をつくる
「やっぱ愛ダホ! idaho-net」代表
遠藤まめたさん
  3 9月30日(日) 10:00〜 子どもの権利条約 さいたまチャイルドライン
研修委員 舟橋かつ代
4 13:30〜 電話対応者が知っておきたい
「感情」についての大事な話
シックスセカンズジャパン (株)表取締役社長
法政大学キャリアデザイン学部兼任講師
田辺康広さん
  5 10月14日(日) 10:00〜 子どものエンパワーする力を支援する さいたまチャイルドライン
代表理事 太田久美
6 13:30〜 子どもとインターネット社会の現状 インターネット協会主幹研究員
大久保貴代さん
  7 10月28日(日) 10:00〜 演習 さいたまチャイルドライン
研修委員
  8 13:30〜 聴くこと・子どもの成長 田中邦子さん
  9 11月11日(日) 10:00〜 演習 さいたまチャイルドライン
研修委員
  10 13:30〜
  11 11月25日(日) 10:00〜 演習 さいたまチャイルドライン
研修委員
  12 13:30〜
  13 12月9日(日) 10:00〜 ガイダンス さいたまチャイルドライン
代表理事 太田久美

12 回~15 回は電話の受け手になる方のみのフォローアップ研修・・・開始時間は 13 時~。
スケジュールは予定です。会場の都合などで変更になる場合があります。ご承知おきください。

公開講座のお知らせ:
★印の講座は、子どもたちのことを知りたい!学びたい!・・・そんな皆さんに公開します。どうぞご参加ください。
単発の参加費:1回1,000円

養成講座に関する問い合わせ

養成講座案内
養成講座応募要項・応募用紙
TOP